CPPホルダー(伊原様)インタビューその3|CPP試験合格に必要な、気合いとやる気、そして経験とは?

CPPホルダーの伊原隆さんを訪問しました。
日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。(以下敬称略)

CPP試験合格に必要な、気合いとやる気、そして経験とは?

安部:
CPPは、学習される業務範囲が広い、つまり試験範囲が広いと思うのですが、どのように学習されましたか?

伊原:
いや、実は勉強はしなかったんです(笑)

なんと言いますか...、私の場合、気合いの問題だと思うんです。試験会場で本気モードが出るかどうか、というほうが大事でした。

安部:
では、勉強量ではなくて伊原さんのやる気で合否が決まったのでしょうか?(笑)

伊原:
それと現場での修羅場の経験が大事だと思います。
いろいろな工場で購買実務を行い、本社で基本契約書や社内システムも担当しました。

あと、海外工場では、動物の苦情対応だとか、得意先へのちょっとした営業対応だとか、とにかくいろいろなことをやりました。

修羅場を経験すればその体験が頭にこびりつきます。どうすれば取引先が自発的に価格を下げたくなるのか、大量の滞留在庫をどうすればよいか、などなど。

その場面場面のボスにネジを巻かれ、眠れない夜を送り、胃がキリキリ痛んだ日々も、今となっては良き思い出です。

安部:
CPP・A級受験の際はいかがだったのですか?

伊原:
自慢話っぽくなりますが、CPPのB級もA級も全然勉強していません。

とは言え、勉強していないのだから、当然、最初のトライは不合格で、自分はここが弱いんだな、と感じた領域は、多少の振返りをすることとなりました。

あと、良い意味でCPPの購買・調達の考え方に慣れることも必要だと思います。

安部:
そうだったんですね。

伊原さんの場合は、CPPで知識を得てスキルアップするというよりは、ご自身の知識の棚卸しや確認をされて、足りない知識を強化するという活用のしかただったのですね。

伊原:
そうです。満点を取る必要はまったくないので、広く浅くまんべんなく。

安部:
なるほど。

伊原:
例えば、「○○の価格交渉だったら俺にまかせろ!」という突出した人はたくさんいると思うんですよ。

でも、私の場合はなんとなくいろいろなことが分かっていることが強みです。

安部:
そういう人材を育成したいと思ってつくっている資格なので、伊原さんはロールモデルになりますね。

例え浅い知識であっても、知っているのと知らないのでは、仕事の進め方が全然違うと思います。

おそらく、周りから伊原さんにちょっとアドバイスを求めてきたり、頼られたりということはよくあるのではないですか?

伊原:
ロールモデルと言われると気恥ずかしくなりますが、伊原に聞いておけば何かヒントをもらえると期待してくれる先輩・後輩はいますね。

安部:
最近は、そのような人材ってたくさんいらっしゃいますか?

伊原:
いなくなったと思います。
昔気質の頑固オヤジ的な人は少なくなっていると思います。

安部:
そのような方々って、今は本当に意識して育てなければならず、とても重要で危惧することだと思っているのです。

伊原:
どのように言えばいいか分かりませんが、平均点以上のレベルの人はすごく増えてると思います。

会社を離れても、世の中全体がそんな感じになっている。
日本という国が違う国に変わってきたような感じがしています。

例えば、中国から長期出張を終えて帰ってくると、あれ?日本が変わったぞ!と驚いたりします。

安部:
それは、日本全体の雰囲気が重いということでしょうか?

伊原:
それもありますね。

当時は、中国全体が勢いに乗っていました。みんな今日より明日は必ずよくなると思っている。

頑張れば必ず報われると信じ、がむしゃらに働いている人が多かったと思います。

安部:
実際にCPP資格に取り組んでみての感想・意見をお聞かせください。
またCPPを受験されて、良かったと思うことを教えてください。

伊原:
自分の知識を棚卸しして、訳も分からずにただもがいている状態ではないということが分かりほっとしたことです。

ちゃんとお墨付きもらった気がします。

安部:
ありがとうございます。すごく嬉しいお言葉です。

伊原:
例えば、社内で「それは、こうするのが良いと思います。」と、多少の自信を持って言えるようになりました。

安部:
そんな時、調達プロフェッショナルスタディーガイドを使って説明されたりもするのですか?

<

伊原:
それは、うちの会社ではNGです。
自分達の経験則が正しい、という考えが基本です。

だから、もちろん参考にはしますが、教科書の受け売りは聞いてもらえない社風なのです。

他社の成功事例・ベストプラクティスなども、きちんと内容を体得して自社に適用できる形にしなければなりません。

〜3/4ページ〜

ものづくり特別レポートの無料ダウンロードはこちら