プロセス産業作業改善のための「製造現場革新ソリューション」Mei

「製造現場革新ソリューション」とは?

製造現場では、常に生産性や品質の向上のため継続的な改善活動が行われていますが、その活動に伴って生じた現場の作業は、従来作業に付加されることが多く見受けられます。そのため、現場作業は、いっそう複雑化、繁雑化してきています。一方、製造現場の立場からは、従来の改善手法では個々の現場作業の改善(削減)には目を向けられていないとの声が挙がっています。
 そこで、日本能率協会が40年以上にわたり産業振興及び技術開発事業の提供を通して製造業の生産性向上を支援してきた経験とノウハウをもとに、製造現場の問題を的確に解決し、ムダな作業及びトラブルをなくすことで、効率化・安定化を図るために開発したものが本手法です。
 この手法の概要をお伝えすべく、2017年7月21日にセミナーを開催いたします。今回のセミナーでは、ソリューションの概要をご紹介し、第2段階の非定常作業削減のための解析手法である「プロセス型原理原則アプローチ分析」を中心に講義・演習を行います。

このようなことにお困りではありませんか?

  • 現場がバタバタしている
  • 作業工程にムダ・ロスがある
  • 運転でのトラブル対応に追われる
  • ベテランのノウハウが伝承されていない

製造現場革新(MEI)ソリューションのキーワード

  • 現場作業マトリックス分析(現場作業抽出、非定常作業(トラブル)発掘)
  • プロセス型原理原則アプローチ分析(非定常作業分析、根本原因究明、対策実施、非定常作業削減)
  • 現場作業効率化
  • 運転安定化

製造現場革新(MEI)ソリューションのセミナーを開催いたします

  • 日時:2017年7月21日(金) 10:00~12:00
  • 会場:東京ビッグサイト 会議棟 607号室
  • 定員:20名(定員になり次第、締め切らせていただきます
  • 参加料:5,400円(消費税込)

本セミナーの内容のご確認、お申し込みはこちらから

本セミナーの内容はこちらから

本セミナーのお申し込みはこちらから

お問い合わせはこちらから
※個人の方および小会と競合する事業者からのお問い合わせには応じかねます。あらかじめご了承ください。