オリンパス取締役専務 林 繁雄様インタビューその4|CPP資格に出合ったきっかけとは?

オリンパス株式会社 取締役専務執行役員 製造部門長 林繁雄様にお話を伺いました。
日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

CPP資格に出合ったきっかけとは?

(安部)
CPPをお知りになったきっかけについてお聞かせいただけますでしょうか。

(林)
私は、2008年に、長野県の伊那工場に工場長として赴任したのですが、当時、日本能率協会コンサルティング(JMAC)から購買調達に関するご支援を受けた際に、CPPという資格があることを知りました。

当時は、調達のスキルというのが何なのか、非常に見えづらかったのです。

調達マンとしてデキル人といった時に、一体何を持ってデキルというのか、経験があるといった時に、その経験とは一体何のことなのか、極めて見えにくいという思いがありました。

そのよく見えない中でこの資格があることを知り、調達のスキルの見える化、あるいは能力アップを図るために非常にいいのではないか、と思ったのです。

〜4/8 page〜

ものづくり特別レポートの無料ダウンロードはこちら