オリンパス取締役専務 林 繁雄様インタビューその6|CPPを導入する為に行った工夫とは?

オリンパス株式会社 取締役専務執行役員 製造部門長 林繁雄様にお話を伺いました。
日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

CPPを導入する為に行った工夫とは?

(安部)
CPP公式ガイドは、ボリュームがある教材ですので、「さあやりましょう!」と言っても、なかなかすぐには浸透しなかったのではないのかなと想像します。

現在の積極的なご活用をしていただける姿ができるまでの素地を作るには、いろいろなご苦労や工夫があったのではないかと想像しますが、いかがだったのでしょうか。

(林)
当初CPPを導入しようと言った時に、正直、調達業務にかかわるベテラン陣があまり積極的ではありませんでした。

それは、今までの自分たちの培ってきたものが、少し否定されるような印象を受けたからではないかと思います。

ただ、私が当時工場長としての立場で見ていても、特に調達に関しては科学的なアプローチができていないと強く感じていました。ベテラン陣がまだあまり積極的ではない中で、まずは各事業のグループリーダーやチームリーダーといった職制の人たちに積極的に受験してもらうよう、全社の調達企画部門からお願いしました。

何よりも、調達のヨコ串機能であった調達企画部門のメンバーが率先して受験したことにより、各事業部の調達メンバーに刺激を与えることになりました。

当時、伊那工場の調達を管轄する部長が率先して受験したこと、職制が率先して受験したことがきっかけで広まっていったと思います。

その後、CPPの資格を社内人事制度に組み込み、報奨金がもらえるようにしました。

国家技能検定などは、すでに報奨金制度に組み入れていましたが、CPPも同じように報奨金制度の体系の中に入れて、受験率を向上させる工夫もしました。

(安部)
職制の方々にとっても、大変な負荷がかかったのではないか思いますが、その点は大きなポイントですね。

(林)
職制が率先して受けるということが大事だと思いますね。

(安部)
そうですね。部下の方々もその背中を見ているわけですし。

(林)
CPPを導入するようになってから、取り組みの内容が非常に論理的、科学的に変わりました。

〜6/8 page〜

ものづくり特別レポートの無料ダウンロードはこちら