オリンパス取締役専務 林 繁雄様インタビューその7|CPPを導入して感じた効果とは?

オリンパス株式会社 取締役専務執行役員 製造部門長 林繁雄様にお話を伺いました。
日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

CPPを導入して感じた効果とは?

(安部)
CPPをご活用いただいての感想や、効果についてお感じになられていることがありましたら、ご紹介いただけますでしょうか。

(林)
今回、当社では1年をかけて中期計画を策定してきました。それぞれの事業において、齟齬のない「あるべき姿」を描いて、その姿を実現するための戦略や方針を、同じ考え方、同じ用語を使って構築できたところにまず効果があったと思います。

そこから、最終的には、ワン・オリンパスの調達組織を構築するに至ったということです。

今までは、各事業の中にそれぞれ購買部がありましたが、1年前に全社の購買機能を集約して1つの本部を作りました。

そのためには、その前段として、言葉の共通化やあるべき姿を描くことができなければ、組織をこのようには変えられなかったと思います。

組織の改革に至るまでに、共通化されたものがあったから実現できたのだと思います。

(安部)
そこに小会が少しでも貢献できたかと思うと大変嬉しいです。ありがとうございます。

〜7/8 page〜

ものづくり特別レポートの無料ダウンロードはこちら