日本信号インタビューその1|生産現場の統括業務マネージメントとは?~生産革新プロフェッショナルコース~

生産革新プロフェッショナルコース 2014年度修了者の日本信号 金田孝雄さん(ものづくり本部 宇都宮事業所 生産部 製造G)を訪問しました。
日本能率協会の勝田健太郎がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

生産現場の統括業務マネージメントとは?

(勝田)
初めに現在の立場と役割についてお聞かせください。

(金田)
日本信号のモノづくり生産現場には、AFCというジャンルがあります。
私は、そこで組み立ての係長業務をやっております。

(勝田)
金田様は、昨年も受講者され、そのときは違う部署だったとうかがっておりますが、昨年から変わった部分について、おうかがいしたいのですが。

(金田)
昨年は、同じ生産部になりますが、生産技術という生産部の中の技術系の仕事をしておりまして、今年の4月に現在の部署に異動になりました。
生産現場の統括業務をするようになりましたので、去年とは少し変わった業務内容になってしまったのかなと思います。

(勝田)
では、現場のマネージメントが主な業務ということですね?

(金田)
はい、そうです。

(勝田)
今の金田様のチームは、何名くらいなのでしょうか。

(金田)

社員は男性が8名、女性が6名です。

(勝田)
14名の取りまとめですね?

(金田)
ほかにも協力していただいている方がいますので、全体では40人前後になります。

〜1/9 page〜


*2015 生産革新プロフェッショナルコースの詳細はこちら

http://jma-column.com/professional/

ものづくり特別レポートの無料ダウンロードはこちら