ハンマーヘッドクレーン「JMAものづくりポータルコラム」

 ■横浜港に最初に導入されたクレーン
 新港が整備された際、荷役のエースとして大正3(1914)年、8号岸壁の埠頭に設置されたのが、1913年にイギリスのコーワンス・シェルドン社で製造された50トンのジャイアント・カンチレバー・クレーンだ。金槌に似たT型で、50トンの荷重まで吊り上げが可能。横浜港のクレーン第1号である。カンチレバーとは、一方で支えて伸ばした腕型を言う。
 高さ約25.2m、旋回半径最小6.6m、最大18m、公称揚力50t、試運転時は67t。動力に電力が使われたのは、貨物の一時保管倉庫の照明用にも電力が必要なことから、停電などで港湾機能に支障の出ないよう、埠頭構内に独自の発電所を設けた。

 発電所は、石炭火力発電装置により直流電気・毎秒電圧500Vの能力を備え、送電ケーブルを地下埋設とした。特に、港湾貨物の量は時期によって繁閑があり、電力使用量の増減が甚だしいことから費用節約のため蓄電装置も設けられた。当時としては画期的な設備だった。しかし、関東大震災で発電所建屋が崩壊したため、独自発電から購入電力に切り替えられた。
 戦後は昭和31(1956)年まで連合国軍総司令部(GHQ)に接収され、使えない状態が続いた。接収解除後、しばらくは港湾輸送が活況で使われたが、1970(昭和45)年代になると、コンテナ輸送が中心になり、専用クレーンなどが整備された山下ふ頭や本牧埠頭、大黒埠頭に港湾機能の中心が移ったことから、役割を失った。
 ハンマーヘッドクレーンは新港の岸壁にいまもそのまま残されていて、経産省のすすめる「近代化産業遺産」に登録されている。この時代に作られたイギリス製のクレーンは、横浜のほかにも長崎造船所(150トン)と佐世保造船所(250トン)に各1基残されている。
 横浜のクレーンが50トンと軽量なのは、造船所で鉄鋼物の荷役に使用されている長崎・佐世保に比べて、横浜では繊維やカメラ・時計・酒類など軽量物を扱うことが多いためである。

 ■新たな埠頭・商業施設「ハンマーヘッド」の誕生
 横浜市ではこのクレーンを「ハンマーヘッドパーク」として再開発を進めていたが、埠頭・税関などを備えた新しい施設が「ハンマーヘッド」として、2019(令和1)年10月31日にオープンした。
 もともと220メートルほどしかなかったふ頭を大さん橋並みの340メートルに延長し、水深も7.5メートルから9.5メートルへの改善したことで、10万トンクラスの客船が接岸できるようになり、ここに、税関と商業施設、インターコンチネンタルホテルなどが併設された複合施設「ハンマーヘッド」が誕生したのである。

 11月4日に、イギリスのダイヤモンド・プリンセス(115,875トン、長さ290メートル、乗客2,760名)が入港し、初めて新港埠頭に接岸した。ダイヤモンド・プリンセスは、長崎の三菱重工業で建造された船だ。100年以上前の1914年に設置されたイギリス製のハンマーヘッドクレーンの再門出にあたって、日本製でイギリス船籍の船が最初に寄港するというのは、歴史的な縁を感じる。
 大さん橋もそうだが、大型船の岸壁使用料金が12時間が一区切りなので、早朝に入港・着岸、船客は日中オプショナルツアーを楽しみ、夕方に出港・離岸というケースが多い。飲食店や商店街が船が入港する早朝に閉まっているというのは残念だ。


大正3年に設置された50トンのジャイアント・カンチレバー・クレーン(通称:ハンマーヘッドクレーン)。現在この埠頭はクレーンを生かして再開発がすすめられ、340メートルの岸壁を持つ一大商業施設「ハンマーヘッド」になっている。>


クレーン用の電源のための発電所(出展:大蔵省「横浜税関新設備写真帖」)


発電所内の機関室(出展:大蔵省「横浜税関新設備写真帖」)

~~~~~~~~
執筆:梶文彦
写真:谷口弘幸

ものづくり特別レポートの無料ダウンロードはこちら