工作機械関連技術者会議 企画委員長 インタビューその4

2021工作機械関連技術者会議 企画委員長の慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 教授の青山 英樹様に工作機械業界の動向、今回の本会議の聴き所をお伺いしました。日本能率協会の勝田・高士がインタビューいたします(以下 敬称略、役職当時)

慶應義塾大学 青山教授 インタビューその4 /2021工作機械関連技術者会議への期待、見どころ・聞きどころは? 

(高士)
2021工作機械関連技術者会議では、未来工場に目を向けて「未来工場をどうつくる、どうつかう」をメインテーマにしています。本会議への期待、見どころ・聞きどころを教えてください。

(青山)
未来工場を考えるうえで大切なこと、そのひとつは、知能化やIoT化を組み込んだ生産技術の開発です。そしてもうひとつはIoTやAIを組み込んだシステム化の技術開発です。これは今すでに始まっています。

未来といっても遠い未来ではなく、5年先の近い将来、未来を目指し、工場を作り上げるために今から始められています。すでにそれに取り組んでいる企業の貴重な事例を紹介し、お互いに勉強できる場にしたいと期待しています。

(高士)
聴講した内容をすぐ実行に移せる。そんなメッセージもこの大会には込められているのですね。

(青山)
大会には、ロボットによる自動化工場の事例、IoTの事例もあります。この先進的なモデル工場としての事例を横展開し、もっと発展させていかなければなりません。それには時間がかかります。経営者が相当意識して作っていく必要があるのではないでしょうか。その意識変革への一助となることも期待しています。さらに、IoTのレベルを引き上げる必要性にも着目し、集めた情報を使いこなしていくための講演もあります。

(勝田)
学会や他の会議と、2021工作機械関連技術者会議との違い、当会議の固有の部分はどこにあるとお考えになりますか?

(青山)
学術寄りではなく、実際に実務に関わっている人による発表であるという点がひとつ挙げられます。聴講者にかなり近い方が発表するため、発表内容をすぐにでも会社内で取り組んでいただける内容になっています。実践的であると同時に、聴講者にとって身近なテーマを取り上げています。

(勝田)
聴講するだけではなく、双方向のコミュニケーションが図れる点も、腹落ち感・共感につながるメリットのひとつでしょうか?

(青山)
パネルディスカッションも、質疑応答を活発にすることが大切ですね。

(高士)
最後に、特にどのような方に会議へご参加いただきたいか?参加を検討されている方や若手・中堅の技術者へのメッセージをお願いします。

(青山)
未来工場を目指すには、経営者が判断し、方向を定める必要があります。その観点から、まずは工場の方針を定められる立場にある方ですね。

また、自社の次の方針を決める立場の方、中堅の方にも是非聴講いただき、自分の頭の中でアイデアを練っていただきたい。そして将来、自分が方針を決められる立場になったら一気にやっていただきたいですね。

そして若手の皆さんです。若手の皆さんには、こうした場で是非勉強して欲しいと思います。
積極的に会社の外に出て勉強することが大切です。それが明るい将来につながります。

(高士)
WEBでの情報収集が顕著となり、効率を求める傾向にある中、外部で情報を取ることの重要性、他社とのふれあいの大切さを説くことも必要ですね。その場でしか得られない気づきなど、JMAが教育機関として訴求していくべきポイントであると考えます。

(青山)
若い人たちに伝えたいメッセージは「自分が日本のものづくりの姿を変えるくらいの気概で頑張って!」ということですね。動機はなんでもいいのです。時には議論を戦わせることも必要でしょう。世の中全体がワークライフバランスを重視する傾向にある中でもチャレンジ精神を持って邁進していただきたいと思います。

(高士)
貴重なお話をありがとうございました。

7/13~14開催 工作機械関連技術者会議 概要・お申込みはこちら

ものづくり特別レポートの無料ダウンロードはこちら