旧富士銀行横浜支店(東京芸術大学大学院映像研究科馬車道校舎)「JMAものづくりポータルコラム」

 大津ビルのとなり、馬車道と本町通りの角に面して建つのが旧富士銀行の横浜支店。造られたのは昭和4(1929)年で、安田銀行横浜支店として建てられた。
 設計は、安田銀行の営繕課の基準設計のようで、同様のスタイルの支店が小樽、箱館、本所(東京)、大阪、神戸など各地に建てられている。
 安田銀行は、戦後の昭和23(1948)年に安田財閥の解体で富士銀行に名称を変更したが、この店舗は存続し、昭和29(1954)年に増築している。
 
 横浜の洋館も銀行の店舗が多い。銀行は長い歴史の中で、合従連衡やその際の名称変更が激しいために、どの銀行がどの銀行を受け継いでいるのか分かりにくく、旧〇〇銀行と聞いてもなかなか継続的なイメージを持ちにくいところが難点だ。
 安田銀行-富士銀行は、銀行が変わったわけではない、名称が変更されただけだ。戦後長く、富士銀行の名称で業務を継続してきたが、平成12(2000)年第一勧銀、日本興業銀行と合併して、みずほ銀行と名前を変えている。
 この合併に際して、関内地区のビルに移転してみずほ銀行横浜中央支店に店名が変更されることがきまったことから譲渡先を探していたが、建造物を残したいという横浜市が平成14年に購入し横浜市の所有になった。
 その後、平成17(2005)年に横浜市は東京芸術大学大学院映像研究科の誘致に成功し、現在は同学科の馬車道校舎として使用されている。
 
 外観は、鉄筋コンクリート2階建てながら、石積みの表面を滑らかにせず、石材の凹凸を目だたせたルスティカ積みと呼ばれるデザインで,荒々しく重量感のある建物に仕上がっている。(ルスティカ積みは、ルネサンス期のイタリアなどで良く用いられた技法という。)
 本町通りに面した側面と、馬車道に面した側面は、幅は若干異なるが、ともに4柱分の円柱のオーダー(通し柱)があり、間に挟まっている上部の円形の縦長の窓とマッチして、何とも落ち着きの良い安心感を醸している。
 現在、内部は見られないが、平成12年まで銀行として使用されていただけにきちんと整備されていて、使用にはまったく問題はないようだ。


正面を横に走るのが本町通り、右が馬車道、交差点のむかいが生糸検査所、その右に帝産倉庫が広がるという、生糸貿易最盛期には中心的なビジネス街のロケーションにあった旧富士銀行横浜支店。


正面玄関の装飾。石の重厚さに合わせて落ち着いたデザインになっている。いまは、東京芸術大学の看板が掛けられている。


石材の凹凸を生かしたデザインが、いかにも銀行らしい重厚感を醸している。

~~~~~~~~
執筆:梶文彦
写真:谷口弘幸

ものづくり特別レポートの無料ダウンロードはこちら