お問い合せInq

強いものづくり組織のために、メンバー全員が身につけておくこと、
管理者層が指導すべきことはなにか?
そのような課題をお感じであれば、貴社の状況にあわせた
教育体系に関して、じっくり話し合う時間は有効でしょう。

ものづくり企業のための教育企画、コンサルティング企画、海外視察、
アセスメント、顕彰イベントなどを20年以上させていただいていて、
たくさんのものづくり企業の現場の方、マネジメントの方、経営者の方と
とお話をしてきました。

その中で、よく伺うのが、強いものづくり組織、集団、人材にしていくためには
何が必要か?という話です。

一般の方々と違って、組織のこと、人材育成のことをずっと考えていて、
何か成果がでそうだと思ったらどんどん実践される方が多いのにも関わらず…。

もし、あなたがこれと同じような悩みを感じておられるなら、このご案内は役に立つかもしれません。
あなたのようなか方にに読んでいただきたくこのページを作りました。

というのも、日本能率協会では、これまでさまざまな組織、人材育成の方法を
ものづくり企業の方々のために実践してきました。

そして、所定の目標を達成するまでに、非常に時間がかかることも少なくないと実感しています。
一方で、施策を行ったら行っただけ、組織と人材がかわっていく場面も幾度となく拝見してきました。

その違いのひとつとして実感するのは、企画段階で、じっくりと目的、目標を話し合う機会を持てたか?
です。

結果として実施されるのは、ベテランメンバーが講師として研修する、ビデオなどで自学自習させるなど、さまざまな方法があります。

そのなかでも生産現場の実務を熟知している現役コンサルタントによる研修を催すのは、最も効果的な方法のひとつです。

貴社の事情をおうかがいしながら、教育目的に合致した、イメージどおりの教育計画のために
講師と日本能率協会担当がたくさんの事例をもとにご相談をうかがいます。

現状の課題やご要望をお聞かせいただければ、課題にあわせてプログラムをご提案いたします。
貴社への講師派遣やオンラインを活用した研修のご提案もいたします。

▼お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人日本能率協会 産業振興センター
ものづくりソリューション担当
TEL : 03-3434-1410
E-mail : mono-solution@jma.or.jp