調達セッションコーディネーターインタビューその2|調達機能のための指標や基準値とは?

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)の開催後におこなったインタビューです。

調達機能のための指標や基準値とは?

(安部)
会場では、各社の取組みに関する具体的な指標や基準値に関するご質問が多かったですね。これは、基準値のようなものが調達機能にはないからでしょうか?

(加賀美)
はい、ないでしょうね。
そういう指標や基準値は出回っていないです。

言われてみれば「そういう値(あたい)が妥当だろう」という内容だと思います。

だけど、そこをちゃんとまとめたことが、例えばオリンパスさんの購買力診断の大事なポイントでしょう。

(安部)
なるほど。あまりオモテには出ないのですね?

(加賀美)
そういうものはないです。

翌日ご講演されたパナソニックさんも、指標について話されていましたので、存在するとは思いますが、ものづくり総合大会のような場でないと触れる機会はあまりないと思いますね。

(安部)
調達企画機能に携わる方が診断ツール等々をお作りになると思うのですが、そもそも調達企画という考え方は、まだ調達機能としては一般的なものではないのでしょうか?

(加賀美)
「調達企画」という部門を、調達部門内に設置している企業は、大手をはじめ近年増えていると思います。
ただ、ご講演各社のようなカンパニー横断レベルで実施しようという会社はそれほど多くないでしょう。

もう少し、情報システムを作ろうとか、開発購買プロセスをちゃんと作ろうといった取り組みの方が多いでしょうね。


購買・調達部門の部課長・マネジャー、調達マネジメントに携わる方へ

経営に寄与・貢献する調達部門の役割(ビジョン)を体得し、行動するチャンスがつかめます!

マネージャーの役割は方針決定・意思決定業務革新といって良いでしょう。

ここで重要なことは、調達責任者が社内外から信頼されているか?ということです。

あなたは信頼されていますか?

社内外から信頼される調達部門に成長させる、マネージャーのためのスキルを伝授します。

調達部門のマネージャー。

社内外から一目おかれ、信頼されて、あの人に相談すればQCDを担保してくれる担当者をまとめるのがマネージャー。

セミナーでは、いくつかの調達局面でマネージャーとしてどのように考え、どのように意思決定すべきかをともに考え、信頼される部門となるために、調達部門は何をなすべきかを考えます。

これからの調達マネージャーの基本実務を学び、明日からやることを明らかにします。

■調達マネジャー実務スキルアップセミナー
http://school.jma.or.jp/search/detail.php?seminer_no=2223 

ものづくり特別レポートの無料ダウンロードはこちら